公益財団法人日本シルバーボランティアズ
         JAPAN SILVER VOLUNTEERS,INC
  TOP   ご挨拶  財団の概要   沿革  ボランティア事業   派遣条件  ご入会  ご寄付  情報公開  アクセス

ご挨拶  GREETINGS

理事長挨拶


 rijicho
          平和と繁栄に向けて


                       公益財団法人 日本シルバーボランティアズ 
                           理事長  丸山 俊二


 
本年は、風薫る新緑の季節に元号が改められ、錦秋の候を前にして即位礼正殿の儀が厳粛に執り行われました。天皇・皇后両陛下がご多忙な中、お元気で公務に臨まれているお姿を拝するのは、実に心強く、また喜ばしい限りであります。令和の世が、我が国にとり、平和が維持され、繁栄が遂げられる時代となるよう、又、国民一人一人にとって、健やかで幸多き日々となるよう念願してやみません。   

 私共の団体「日本シルバーボランティアズ」の海外への専門家派遣活動も昭和の創立以来、平成、令和と三つの時代を閲することとなりましたが、この長きに亘り私共が事業を続けて来られましたのは、何と申しましても夫々の時代の派遣専門家及び会員各位のご努力、更には関係団体、企業、また代々の評議員、理事、監事の皆様方のご協力、ご支援の賜物であり、繰り返し厚く御礼申し上げる次第です。

 世界の経済情勢を見渡してみますと、米中貿易摩擦や英国の欧州連合(E U )離脱問題などには若干改善の動きが見られるものの、その先行きには依然として不確定要素が大きいと言わざるを得ません。 ひるがえって国内に目を転じても、景気の回復が国民に広く実感されるには至っていないと思われ、加えて先頃実施された消費税引き上げの影響も気に掛かるところです。このような状況下にあって尚、貴重なご支援をお寄せ頂いている関係団体や企業の皆様には本当に感謝に堪えず、重ねて深謝申し上げたいと存じます。 

 専門家派遣事業の現状についてご説明しますと、先ず、中国以外の一般地域に向けての事業内容は日本語教師の派遣であり、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、モンゴル、ウズベキスタン、ロシア、トルクメニスタン、パラグァイに加えて近年カンボジア、フィリピン、ミャンマー、ネパールが派遣先に加わって居ります。全体の傾向として我が国と経済的、文化的に関係の深い東南アジア諸国が主な派遣先となっているのは謂わば自然なことと申せましょうが、私達は派遣先を多方面に拡大することにも努めており、一例としては、遠距離ではありますが日本の文化に関心を寄せてくれている南米パラグァイへの派遣やハンガリーへの派遣検討が挙げられます。 近年、海外では日本語学習熱が高まっており、一人でも多くの日本語教師の方々が私共の活動に参加して下さるよう、熱望致します。

次に、中国への派遣については、近年の専門家派遣分野は果樹・野菜関連を主なものとして、その他、土壌関連、工業、都市緑化、会議交流等となっております。 派遣件数の減少傾向は続いておりますが、これは主として近年の中国中央政府の緊縮財政政策の影響によるものです。 かたがた、中国側窓口の中国科学技術交流中心の管理官庁である中国科学技術部と国家外国専家局が昨年4月に合併したのですが、この機構改革が未だ地方や外郭団体にまで十分徹底していないという事情もあろうかと思われます。 他方、私共の団体の側では会員の老齢化と減少と言う問題も抱えております。 私達からは、中国側窓口の予算増加と地方予算の獲得要請を行っており、中国科学技術交流中心はもとより、東京の中国大使館、中国国際人材交流協会(国家外国専家局東京駐在)への働きかけ等の努力を続けて参りました。 昨年より本年にかけて、日中政府間関係の改善を反映し、中国からの訪日団が増加したことに加え、中国での項目商談会や人材交流会、シルバーボランティアズ総会への招請が行われており、私達の活動を巡る雰囲気は明らかに良くなっております。 このような中、本年、中華人民共和国は建国七十周年を迎えました。 中国科学技術交流中心の側では、私達の専門家派遣活動に対する支援を最近強化してくれております。 又、先頃、甘粛省の省都、蘭州で開催されたシルバーボランティアズ年次総会の席では、私共の派遣専門家の業績が極めて高く評価され、取り分け果樹栽培に於いての貢献に丁重な謝辞が述べられました。 このような機運を背景に、私達も歴史ある日中間の草の根交流を更に継続、発展させて行きたいと思います。

 以上申し上げたような専門家派遣により、技術協力が成果をもたらし、派遣先の人々との友好親善・相互理解が深められ、専門家達自身も新たな生き甲斐、人生の意義を見い出すこととなる、と言うのが私達の活動の基本目標であります。 これら三つの目標を達成する事は、微力ながら新しい時代に希求される平和と繁栄にも資するのではないでしょうか。 その実現に向け、事務職職員一同、懸命に努力して参る所存で居りますので、関係団体、企業、会員の皆様におかれましては、従前にも増して力強いご支援と多方面に亘るご協力を賜りますよう切にお願い申し上げます。

 

                                                              
                  Copyright ©2017 JAPAN SILVER VOLUNTEERS all rights reserved.